川越 観光ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 川越城 本丸御殿

<<   作成日時 : 2007/10/08 19:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

川越城は、長禄元年(1457年)に足利氏の勢力に対抗する目的で、上杉持朝が家老の太田道真・道灌父子に命じ築城させました。

明治維新後は宅地開発によってしだいに解体され、現存する川越城本丸御殿は、寛永元年(1848年)に当時の藩主松平斉典が造営したものとなっています。

現在は玄関・広間部分と家老詰所を残すのみです。 川越城には天守はないのですが、現存する本丸御殿はこの川越城と高知城にしかないきわめて貴重なものです。

画像


川越城内部は一般公開されており、写真撮影もOKです。 入ってすぐの広間に展示されている60分の1の模型です。

画像


家老詰所は、明治6年(1873)上福岡市の福田屋の分家に移築され、昭和62年まで母屋として使用されていたものをもらい受け修理復元しました。 光西寺に残された平面図を見ると、この建物は本丸御殿の奥に土塀で囲まれた家老という重職の居所であり、全国的にも貴重なものです。

画像


家老詰所内部では家老と重臣の2名が相談事をしていました。 天気が良かったので外に誘ってみたのですが、忙しいみたいで相手にされませんでした。

画像


川越城自体広くはないのですが、所々に椅子が用意されていますので、観光で歩き疲れた足を休めることもできます。

画像


川越城内はトイレもあり清潔でした。

画像


ただしこちらの厠は使用禁止となっています。

画像


天正18年(1590年)に豊臣秀吉によって北条氏が滅亡した後、徳川家康が関東に封ぜられました。

これに伴い徳川家の家臣の酒井重忠が1万石をもって封ぜられ、川越藩が誕生し川越城を中心に「小江戸」と呼ばれる城下町の基礎が形成されます。

その後、島原の乱で功のあった「知恵伊豆」こと松平信綱や、第5代将軍・綱吉に寵愛された柳沢吉保ら幕府の要職についた人物が川越藩主となっていきます。

画像


開館時間
午前9時から午後5時まで
ただし入館は午後4時30分まで

休館日
月曜日 (休日の場合は翌月の火曜日)
年末年始 (12月28日〜1月4日まで)
館内整理日 (毎月第4金曜日、ただし祝日は除く)

入館料
一般100円、高・大学生50円、中学生以下は無料。

川越城へのアクセス
東武東上線・JR川越線の川越駅から東武バス「札の辻」下車徒歩8分
西武新宿線の本川越駅から東武バス「札の辻」下車徒歩8分

川越 観光ブログTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

川越城 本丸御殿 川越 観光ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる