川越 観光ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原のささら獅子舞

<<   作成日時 : 2008/04/19 22:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

石原のささら獅子舞は、川越市石原町で行われる1人立ち3頭獅子舞で、埼玉県無形文化財に指定されています。

画像


慶長12年3月(1607)から、悪魔降伏し、災難消除して毎日が平和でありますようにと祈願して、観音寺で獅子舞を奉納したのが今日に伝えられています。

画像


しかし、寛永11年(1634)に当時の川越城主、酒井忠勝が、若狭・小浜へ国替えになり、獅子3頭のうち雄雌2頭を持って行ってしまったため中断してしまいました。

画像


その中断から75年後の宝永6年(1709)に、井上家から獅子頭が奉納され、石原のささら獅子舞は復活しました。

画像


獅子舞の演舞が終わると、次の場所に移るため行列を組み山伏・天狗(猿田彦)・山の神・簓っ子・獅子の順番で町内を練り歩きます。

画像


画像


ささらとは、竹筒に刻んだのこぎりばこ、先を細かく割った同じ竹製のささらを、すりつけてならす楽器でその名をとってささら獅子舞と言われています。
(両手に持っている黒い筒のようなものです)

画像


石原のささら獅子舞で一番激しく舞うところは、雌獅子隠しという場面です。 雌獅子の横にささらっ子が並び、雌獅子を隠します。

画像


二匹の雄獅子は、いなくなった雌獅子を探し求めながら激しく争います。

画像


画像


画像


石原のささら獅子舞は、隔年で本祭りが行われます。 本祭りの年は、2日間にわたって催されます。

画像


画像


石原のささら獅子舞 2日目

川越 観光ブログTOPへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

石原のささら獅子舞 川越 観光ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる