川越 観光ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK連続テレビ小説 つばさ

<<   作成日時 : 2008/06/04 22:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

NHKの連続テレビ小説、第80作目【つばさ】の舞台が川越市になりました。 全国で唯一、朝ドラの舞台になっていなかった埼玉県です。 その埼玉県の中で川越が選ばれて、とてもうれしいです。

ここで、つばさの舞台となる川越がどんな所か、名所を簡単に紹介したいと思います。

川越には昔ながらの蔵造りの建物や、洋風建築の建物など、歴史を感じさせてくれる場所が沢山あります。 中でも川越の観光名所の一つ、喜多院には数多くの重要文化財があり、観光客で賑わっています。

『喜多院』
 
喜多院 本堂


喜多院境内


昭和の懐かしさを思い起こさせる、菓子屋横丁にはいつもお菓子の甘い香りがして、子供の頃に買った駄菓子にいつでも会えます。

『菓子屋横丁』
  
菓子屋横丁


お菓子


せんべい


また、川越の蔵造り町並みの景観や風情にマッチしたレトロバスも運行しており、小江戸気分を満喫できます。

『レトロバス』
    
レトロバス


今以上に蔵造りの町並みや、時の鐘が一段と賑うことになりそうです。

『蔵造りの町並み』
  
蔵造り


『時の鐘』
     
時の鐘


以下NHK・『つばさ』放送前情報からの引用です。

平成21年度前期の連続テレビ小説は 「つばさ」です!
舞台は埼玉県・川越市、脚本は戸田山雅司さんが担当します。
連続テレビ小説第80作目『つばさ』の舞台は、朝ドラ初登場の埼玉県。
江戸の風情が今なお残る小江戸・川越を中心に物語が展開します。
母に代わって一家の主婦をつとめる健気な娘つばさは、
朝ドラ史上初? “おばさんキャラ”がチャームポイントのヒロイン!
「娘が母」で「母が娘」のあべこべ親子が巻き起こす
ねじれた家族のほどけない絆(きずな)の物語です。

【放送予定】平成21年3月30日(月)〜平成21年9月26日(土)<全156回>

【ドラマの舞台・埼玉県川越市】

ヒロインの実家・老舗和菓子屋「甘玉堂」があるのは、埼玉県の川越市。美しい蔵造りの町並みや、100年以上も人々に時刻を告げてきた時の鐘、華やかな山車が繰り出す川越祭り、駄菓子にさつまいも、うなぎ、などなど…古き良き時代の面影がそこかしこにある、まさに小江戸と呼ぶにふわさしい趣のある町です。

さらに、川下りで有名な長瀞町(ながとろまち)とサッカーの都・さいたま市も物語の舞台となって、バラエティー豊かな埼玉県の魅力を伝えていきます。


川越のよさを活かした作品になるといいですね。 今から期待に胸が膨らみます。

『埼玉りそな銀行と丸ポスト』
   
埼玉りそな銀行と丸ポスト


上記の他にも川越には、枝垂桜で有名な『中院』、日本名城100選に選ばれた『川越城本丸御殿』(修理中)、蚤の市で賑わう『成田山川越別院』など沢山の見所や名刹があります。

川越に興味がありましたら、ぜひ散策に訪れて小江戸気分を満喫してください。

川越 観光ブログ TOPへ

NHK連続テレビ小説 つばさ ヒロイン決定
出演者決定
ロケの撮影風景
玉木家の甘玉堂

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

NHK連続テレビ小説 つばさ 川越 観光ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる