川越 観光ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 川越氷川神社の本殿彫刻特別公開

<<   作成日時 : 2008/10/25 16:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

川越氷川祭の神幸祭が行われたあと、氷川神社の本殿彫刻が一般に特別公開されました。

画像


画像


以前から川越氷川神社の本殿彫刻は気になっていたので、早速氷川神社の社務所窓口に整理券を貰いに行きました。 

画像


江戸彫りといわれる精巧な彫刻が施された本殿は、天保13年(1842)に起工、嘉永2年(1849)松平斉典の代に竣工されました。 本殿にはびっしりと無彩色の彫刻が施され、氷川神社神職の丁寧な解説を聞きながら周りを一周しました。

画像


画像


腰回りの彫物には、竣工当時の氷川祭礼の山車の人形にまつわる図柄が彫られています。 下の写真は藤原秀郷が瀬田の唐橋にいた大蛇から「三上山に棲む大ムカデを退治してほしい」と頼まれ、大ムカデに矢を放っている場面です。

画像

秀郷の山車(喜多町)

画像


普段は間近では見られないので、貴重な時間を過ごすことができました。 なお川越氷川神社の本殿の棟梁は、城主お抱えの印旛捨五郎(正)・桑村三右衛門(副)、彫物師は、嶋村源蔵・飯田巌次郎が手がけ、昭和31年に県の重要文化財に指定されています。

画像


川越 観光ブログTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

川越氷川神社の本殿彫刻特別公開 川越 観光ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる