川越 観光ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS いもの日まつり(いも供養)

<<   作成日時 : 2008/10/13 15:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さつまいも地蔵尊がある妙善寺で、いもの日まつり(いも供養)が行われました。

画像


さつまいも地蔵尊(1995年建立)に、サツマイモやお芋から出来たお菓子を奉納し、いも供養をします。

画像


画像


住職がお経を唱えている間、参列者がサツマイモに対する感謝と、健康を祈願して焼香をしていきます。

画像


画像


画像


ちなみに、いもの日まつりが行われた10月13日は、サツマイモの日です。

画像


サツマイモの日が10月13日になった由来は、「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」というサツマイモの美味しさを表す言葉があり、この「十三里」とはサツマイモの異名で、江戸から十三里離れたところにある川越のサツマイモがおいしかったことから生まれた言葉です。 その13と、サツマイモの旬の季節が10月ということで、この日を記念日に制定したそうです。

画像


画像


江戸時代の飢饉や戦後の貧しい時代に、サツマイモは貴重な食料として、飢えから人々を救ってきました。 今年はそのサツマイモの品種の一つ「紅赤」が、発見からちょうど110年ということです。 

画像


川越各地のサツマイモ畑には、サツマイモの葉が畑いっぱいにびっしり埋まっていて、今がちょうど収穫の時を迎えています。

画像


これは、これから川越の名物として出荷される、掘り起こされたばかりの「さつまいも」です。

画像


川越 観光ブログTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

いもの日まつり(いも供養) 川越 観光ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる