川越 観光ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 文化財防火訓練

<<   作成日時 : 2009/01/29 06:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

喜多院で1月26日の文化財防災デーに伴って、文化財防火訓練が行われました。

画像


画像


喜多院の本堂から火災報知機が鳴り響き、赤い旗を持った人が「火事だ〜!」と叫びながら出てきたのを合図に、防火訓練が始まりました。

画像


多宝塔と鐘楼門脇の2箇所の入り口から、サイレンを鳴らしたはしご車やポンプ車が喜多院境内へ次々と突入し、消火活動をするため素早く展開しましていきます。

画像


画像


現場指揮本部の号令で2台のはしご車からはしごがぐんぐん伸びていき、上空と地上から喜多院の本堂(慈恵堂)に向けて一斉に放水が開始されました。

画像


画像


画像


本堂へ続く階段は、大量の水が滝のように流れ落ちていました。

画像


放水を4,5分間ぐらい続けると、本堂から出火した火災は消火したということになり、今度は撤収作業に取り掛かります。

画像


画像


撤収作業が完了し、閉会式が行われ文化財防火訓練は終了しました。

画像


画像


文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺の金堂が火災で炎上し、堂内の壁画の大半が焼損したことを契機として、昭和30年に文化財保護の意識を高めるために1月26日を「文化財防火デー」と定めました。

画像


火災現場で迅速に行動できる防火訓練と同じくらい、一人ひとりの防災意識も大事だと思いました。

画像


川越 観光ブログTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

文化財防火訓練 川越 観光ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる