アクセスカウンタ

<<  2011年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


川越水上公園の彼岸花2011

2011/09/29 20:38
川越水上公園で真っ赤な彼岸花が見ごろを迎えています。

画像


太陽からの直射を受けず、木々の木陰で色鮮やかに染まった彼岸花はとても綺麗でした。

画像


画像


まだ花が開かない状態のものも多く、これから少しずつ開花が進んでいくものと思われます。

画像


さわやかな秋風に、赤く染まった彼岸花がゆっくりと揺れていました。

画像


川越水上公園の彼岸花2009
2009年に川越水上公園で咲いた彼岸花の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


仙波氷川神社の彼岸花2011

2011/09/27 21:02
仙波氷川神社で秋の訪れを告げる彼岸花が咲き、境内を赤く彩っていました。

画像


先週直撃した大型台風による暴風雨の影響で、花が痛んだり倒れている彼岸花が数多くありました。 今咲いている彼岸花は、台風が通過した後にニョキニョキ生えてきた彼岸花らしく、背筋を伸ばして真っ直ぐに咲いています。

画像


画像


画像


今も緑色の茎をニョキニョキと生やしているので、もう少しすると真っ赤に染まった彼岸花で、境内に秋の気配を漂わせてくれることでしょう。

画像


仙波氷川神社の彼岸花2010
2010年に仙波氷川神社で咲いた彼岸花の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


小江戸フリージャム

2011/09/25 17:39
小江戸フリージャムが川越水上公園にて今年も開催されました。

小江戸フリージャム1


小江戸FREE JAMM in 川越水上公園は、カスタムカーやハーレーなど自慢の愛車を展示して「見せびらかす」という催しで、今年で3回目を迎えています。

小江戸フリージャム2


小江戸フリージャム3


小江戸フリージャム4


実はあまりバイクや車に詳しくはないのですが、子供の頃に『第一次スーパーカーブーム』を経験し、当時夢や憧れを持っていたスーパーカーは、大人になった今見ても惚ぼれしてしまいます。 小江戸フリージャムの会場にはフェラーリとランボルギーニが展示されていました。

フェラーリ1


フェラーリ2


フェラーリ3


ランボルギーニは十数台展示されており、子供よりも自分と同じぐらいの年代の方々が、食い入るように見ていました。

ランボルギーニ1


ランボルギーニ2


ランボルギーニ3


このほかにも通称『痛車』と呼ばれる、漫画やアニメに出てくるキャラクターの塗装を施した車も参加していました。 痛車という車の実車を見るのも初めてでしたが、実際に公道ですれ違ったら思わず魅入ってしまいそうな車です。

痛車1


痛車2


もちろんバイクも多数展示されており、これはオートバイを三輪に改造したトライクという乗り物です。

トライク


フリーマーケットやライブステージなど車やバイクを見ること以外でも、1日中楽しめる催しもあるので、時間を忘れて楽しく過ごせました。

よさこい


また、カスタム車等が展示会場になっているプール会場外でも、多くのバイクが所狭しと並べられています。 ナンバーを見ると横浜や土浦、栃木などいろいろな所から集まってきており、改めて小江戸フリージャムの人気がわかりました。

小江戸FREE JAMM1


小江戸FREE JAMM2


小江戸FREE JAMM3


その中でも多くの人だかりができ、一際注目を集めていたのがこのバイク自転車で、小学生をはじめ多くの親子連れが写真を撮っていました。

小江戸FREE JAMM4


川越 観光ブログTOPへ


記事へトラックバック / コメント


中院の彼岸花2011

2011/09/24 21:33
中院の境内では彼岸花がちらほらと咲き始め、秋の訪れを告げています。

画像


雨上がりの彼岸花は、花びらに水滴をたたえ美しく神秘的でした。

画像


画像


画像


中院の境内の彼岸花はまだ咲き始めたばかりで、これから咲き始める彼岸花も沢山あり、しばらく楽しめそうです。

画像


真っ赤に色付いた彼岸花が、夏の終わりと秋の訪れを感じさせてくれました。

画像


中院の彼岸花2010
2010年に中院で咲いた彼岸花の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


ほろ祭り(ほろかけ祭り)2011

2011/09/19 17:49
ほろ祭り(ほろかけ祭り)を見に、古尾谷八幡神社に行ってきました。 ほろ祭りは平安時代から続くと言われ、少年の成長を祝う行事で、県の無形民俗文化財に指定されています。 現在のほろ祭りは毎年敬老の日の前日に行われ、『ほろ』を背負った子供達が神輿とともに御旅所を目指して練り歩いていきます。

画像


ほろ祭りの『ほろ』とは、薄桃色の紙花で飾りつけた36本の竹ひごを、重りと鈴が入った背負いかごに挿したもので、六方を踏むたびに背負いかごに入った鈴が『チリーン』と鳴ります。

画像


画像


古尾谷神社で参拝を済ませたホロショイコが、いよいよ神輿の供をしながら御旅所まで六方を踏んで練り歩いていきます。

画像


画像


周りにいる保護者の方や見物人から「よいしょ!」の掛け声と共に、力いっぱいホロを回していきます。 ホロには重りが入っているので子供にはとても重く、御旅所まで休みながら練り歩いていきます。

画像


画像


画像


4人のホロショイコが1人ずつ御旅所に着くたびに、沿道の見物人から労いの掛け声と拍手が沸き起こりました。 

画像


今年も晴天に恵まれたほろ祭り、絶好のお祭り日和となりましたが、まだまだ残暑が厳しくとても暑かったです。

画像


古尾谷八幡神社のほろ祭り2010
2010年に行われたほろ祭りの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


古谷本郷の獅子舞2011

2011/09/18 20:12
古谷本郷の獅子舞が行われ、獅子の舞いが古尾谷八幡神社に奉納されました。

画像


花笠を頭に載せ手にはささらを持ったササラッコを先頭に、紅白の軍配と指揮棒を持った天狗、前獅子・中獅子・後獅子の3頭が、獅子を舞う庭に入ってきました。

画像


画像


この日は風はありましたが、日差しが強かったためとても熱く感じました。 そして古谷本郷の獅子舞では、天狗や獅子達は演舞の大半を前屈みになって舞うので、暑さと窮屈な体勢で大変だったと思います。

画像


画像


獅子が暑さの中舞っている間に、お囃子の音が聞こえてきました。 ほろ祭りの主役でもある、ホロと呼ばれるショイコを担いだホロショイコ達が到着したようです。 古尾谷八幡神社にホロショイコが参拝後、天狗や獅子も御旅所までホロショイコの後をついていきます。

画像


古谷本郷の獅子舞2008
2008年に古尾谷八幡神社で行われた、古谷本郷の獅子舞の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


安比奈親水公園のコスモス2011

2011/09/11 19:04
安比奈親水公園では早咲きのコスモスが花をつけ始め、秋の風情を漂わせています。

画像


入間川からの心地よい風が吹くたびに、色とりどりのコスモスがうなづくように可憐に揺れていました。

画像


画像


コスモスの中でもキバナコスモスは見ごろを迎え、黄色や橙色の色鮮やかな花を咲かせています。

画像


画像


さわやかな秋風に、コスモスたちが気持ちよさそうに揺れていました。

画像


安比奈親水公園のコスモス2010
2010年に安比奈親水公園で咲いたコスモスの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


山田かかしまつり2011

2011/09/10 17:51
川越市山田で初秋の風物詩ともいえる山田のかかし祭りが行われ、世相を反映した手作りのかかしが水田脇に展示されています。

画像


今年はドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップで、見事優勝を遂げた「ナデシコジャパン」のかかしが多く展示されていました。 特にPK戦でも活躍した海堀あゆみ選手を模したかかしがとても迫力があり、気迫が伝わってくるようでした。

画像


他には東日本大震災からの復興を願うかかしや、被災者を応援するかかしも多く見られました。

画像


画像


まもなく迎える収穫の時期を前に、実りある稲穂を前に「にらみ」を利かせた個性豊かなかかし達で、山田地区では早くも秋の気配をみせていました。

画像


山田かかしまつり2010
2010年に山田地区で行われた、案山子まつりの様子です。



川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック 0 / コメント 2


<<  2011年9月のブログ記事  >> 

トップへ

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

川越 観光ブログ 2011年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる