アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「川越まつり」のブログ記事

みんなの「川越まつり」ブログ


川越まつり2011

2011/10/16 23:10
川越に年に一度の川越まつりがやってきました。 今年の川越まつりは、初日に雨が降るというあいにくの天気でしたが、2日目は青空が広がる晴天に恵まれました。

画像


今年は10月の中旬とは思えない汗ばむほどの陽気のなか、昨日の雨天で来れなかった観光客で昼頃には既に市内は混雑し、夜を待たずに早々からお祭りムードを満喫するほどの盛り上がりようでした。

画像


画像


多くの観光客が見守るなか、各町の豪華絢爛な山車が次々に行き交い、その山車の上で笛、太鼓、鉦が奏でるお囃子に合わせ、それぞれの面をつけた踊り手が舞を披露します。

画像


画像


町内を巡行したのち夜の帳が下りると、各山車の提灯に明かりが灯り、昼の陽気とはまた違った熱気に川越市内が包まれていきました。

画像


川越まつり2010
2010年に行われた川越まつりの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越まつり2010

2010/10/18 21:49
江戸の天下祭りを伝える川越市最大のお祭り「川越まつり」が、10月16日・17日の2日間にわたって開催されました。 川越まつりでは、10:00〜22:00まで市内の各所で交通規制が敷かれ、旧市街地周辺の学校の校庭を臨時駐車場にしています。

画像


各町が誇る豪華絢爛な山車の上ではお囃子が演奏され、天狐やひょっとこ、オカメなどの面をつけた踊り手が、お囃子のリズムに合わせて華麗に舞います。

画像


画像


川越まつりは山車やお囃子のほかにも見所があり、その一つに曳っかわせがあります。 山車同志が交差点で出会ったりすれ違う際に、廻り舞台を回転させて正面を向き合いお囃子を打ち合います。

画像


本川越駅から札の辻までの主要な交差点ではよく「曳っかわせ」が行われますが、曳っかわせが始まると沿道を埋めた見物客や写真を撮る人たちで身動きがとれなくなります。

画像


また、夜に行われる曳っかわせは昼間とは趣が異なり、山車に取り付けられた提灯が輝きを放ち、曳き方衆が持つ提灯の明かりが乱舞し、とても迫力があります。 2日目の最後の夜も旧市街地のいたる所で曳っかわせが行われ、今年の川越まつりも最高潮に盛り上がりました。

画像


と、ここまで川越の秋の風物詩「川越まつり」を紹介しましたが、一つ気になることがありました。 毎年川越まつりの2日間は、蓮馨寺の境内にお化け屋敷と見世物小屋が来るのですが、今年はお化け屋敷のみで見世物小屋はありませんでした。 だんだん見世物小屋も少なくなってきているので、後継者不足になっているのでしょうか?

画像


川越まつり2009
2009年に行われた川越まつりの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック 0 / コメント 4


山車ロボットコンテスト2010

2010/10/17 22:13
川越まつりの山車ロボットコンテスト2010が、川越市産業観光館ギャラリーで開催されました。

画像


山車ロボットコンテストは、中学生や高校生が同じロボットの基盤を使用して、川越まつりでお馴染みの「山車」に見立てたロボットを製作し、指定の競技フィールドで演技を行い芸術性と技術性を競います。

画像


画像


蔵造りの建物をイメージした競技フィールドを走り回って、指定の位置に到達した山車ロボットがロボットを回転させたり電飾を光らせたりと、色々なパフォーマンスを繰り広げていきました。

画像


昨年も見学しましたが、今回で5回目となるこの山車ロボットコンテストも様々なアイディアが施され、次はどんな山車がお目見えするのかと見ていてとても楽しめました。

画像


山車ロボットコンテスト2009
2009年に旧鏡山酒造跡地の大正蔵で行われた、山車ロボットコンテストの様子です。

川越 観光ブログTOPへ


記事へトラックバック / コメント


山車ロボットコンテスト2009

2009/10/19 22:01
山車ロボットコンテスト2009が川越まつりの2日目に、鏡山酒造跡地の大正蔵で開催されました。

画像


川越でお馴染みの建造物の写真を貼った競技フィールドで、個性豊かな山車ロボットが駆け巡り芸術点と技術点を競います。

画像


この競技フィールドの所定の場所で演技を的確に行うため、競技の直前までそれぞれの自慢の山車を調整していました。

画像


学生たちが作った川越まつりの山車をモチーフにした自律型ロボットは、回転したり、光ったり、太鼓を叩くなど様々な動作で見学者たちも楽しんでいました。

画像


画像


今年で4回目を迎えた山車ロボットコンテストは、これまで東洋大学のキャンパス内で行っていたそうです。 川越まつりの期間中に、来館者が多い鏡山酒造跡地で行われた山車ロボットコンテストは見学する人も多く、学生たちのモチベーションも大いに上がったことでしょう。 創意工夫した未来の山車が、もう一つの川越の町並みを疾駆していきました。

画像


画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越まつり2009

2009/10/18 22:36
川越まつり(国指定重要無形民俗文化財)が、2009年10月17日・18日に川越市の旧市街地を中心に行われました。

画像


今年は川越市役所前の山車揃いが行われない代わりに、川越まつりの見どころのひとつ「曳っかわせ」が川越市役所前で行われ、多くの観客が見守るなか各町内の山車がお囃子を披露し合いました。

画像


画像


また2日目の午前中には俳優の脇知弘(ロナウ二郎役)さんが、市内の小学生と川越市の『猩猩の山車』(しょうじょうのだし)の引き廻しに参加しました。 先日の除幕式の時に、川越市からプレゼントされた名前入りの提灯を持っての参加です。

画像


川越まつりの1日目のハイライトは宵山の山車飾りで、中心市街地に曳き入れている18台の山車が所定の場所で飾り置きされます。

画像


そして川越まつりといえば、夜の曳っかわせです。 中央通や一番街通りの各交差点で山車通しが出会うと、囃子台を回転させお互いに向き合いお囃子を打ちあいます。

画像


曳き方衆が持つ提灯の灯りと、掛け声が夜の川越に入り乱れ、観客を魅了します。

画像


今年の川越まつりは、つい先日までNHKで放送されていた川越を舞台にしているドラマ「つばさ」の効果でしょうか、観光客が例年より多い感じがしました。

『りそな銀行前』

画像


『川越市役所前』

画像


『札の辻交差点』

画像


この川越まつりが行われた2日間は、1日目は曇天で夜に小雨が降ってしまう天気でしたが、2日目は秋晴れとなり澄みきった青空が川越に広がりました。 山車の上に飾られる人形も気持ちよさそうにしている気がしました。 2010年の川越まつりも天気に恵まれればと思います。

画像


松江町2丁目で、川越まつりの紅白幕をバックに鮮やかに咲いていたハイビスカスです。

画像


川越まつり2008
2008年に行われた川越まつりの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越氷川神社の神幸祭2009

2009/10/17 22:41
川越まつり(国指定重要無形民俗文化財)の起源である神幸祭が、秋が深まってきた川越で厳かに行われました。

画像


出御の10分前ぐらいから氷川神社拝殿前で点呼が始まり、召し立ての呼びかけに氏子総代が「オウッ!」と答えて、大鳥居の下に並び列を作っていきます。

画像


画像


川越氷川神社を午後1時に出御した神幸祭の行列は、太鼓・雅楽奏者・猿田彦・神馬・宮司・御輿・斎姫などからなり町を練り歩きます。

画像


画像


各町内のじゃらん棒を持った町方の先導で、神輿に召された氷川の大神が旧上下十ヶ町を御幸されます。

画像


神幸祭の行列には、随時氏子町内の山車が出迎え、川越市役所まで随行していきます。

【志多町 弁慶の山車】

画像


【松江町二丁目 浦嶋の山車】

画像


厳かな神幸祭の行列は、志多町坂上、札の辻交差点、仲町交差点、松江町2丁目を経由して、川越市役所に到着しました。 

画像


川越市役所が建っている場所は、かつて川越城の西大手門があった場所で、江戸時代に氷川神社の神輿行列が、江戸の天下祭に倣って川越城内に参入し、川越城主の上覧を受けてきました。 そして現在の川越まつりでは川越市長(現代の川越城主)の挨拶を受けたあと、川越氷川神社に還御していきます。

画像


画像


氷川の大神に見守られて、川越まつりが本日より二日間行われます。

画像


画像


川越氷川神社の神幸祭2008
2008年に行われた川越氷川神社の神幸祭の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越まつり

2008/10/26 14:51
川越まつりの起源は、江戸時代の慶安元年(1648)、当時の川越城主・松平信綱が川越氷川神社に神輿2基と獅子頭、太鼓などの祭礼用具を寄進し、江戸の「天下祭」にならって「神幸祭(じんこうさい)」を興したことに始まると伝えられています。 以来、歴代の城主の庇護のもと祭礼が執り行われてきた伝統と歴史のあるお祭りで、平成17年2月21日に「川越氷川祭の山車行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されました。

画像


川越まつりのきっかけとなった氷川神社の神幸祭では、氷川大神を召した神輿を中心に、氏子地域を巡行していきます。 巡行の途中から山車も神幸祭の行列に加わり、華やかさは一層増していきます。

画像


画像


画像


毎年川越まつりは10月の第3土・日曜日の2日間に渡って行われ、蔵造りの建物がある札の辻交差点から本川越駅前の道路と、その周辺を交通規制し盛大にお祭が行われます。 

画像


川越まつりで曳かれる豪華絢爛な山車の内、大正以前に作られた10台が埼玉県民俗文化財に指定されていて、そのなかでも一番古いものは文久2年(1862年)製作の仲町所有の羅陵王です。

画像


山車は三つ車、四つ車をもった台座の上に2重の鉾を組み、上部の鉾にシンボルの人形を乗せてエレベーター構造で上下します。 多くが360℃の水平回転する回り舞台になっているのも特徴です。 勾欄には精巧な彫刻が施されており、主題の人形にちなんだ話や昔話の場面など、素晴らしい出来映えの彫刻を見ることができます。

画像


画像


画像


御神像として上に掲げられる人形は、江戸時代の人形師の名人による作が多く、王朝式楽の舞楽や武家式楽の能楽、歴史上の人物や英雄などから取り入れたものです。 人形の名前が山車の呼び名になっています。

画像


画像


また上段四方幕と下段後幕(見送り幕)には見事な刺繍が施されており、掲げる人形と同じく必見に値します。

画像


画像


川越まつりの主要な内容は、市役所前の山車揃い・山車行列・宵山の山車揃い・曳っかわせとあり、このうち宵山の山車揃いのみ1日目だけのイベントです。

画像


市役所前の山車揃いは昼間の見所の一つで、各町内の山車が1日目と2日目の2班に分かれて市役所前に集結し、来賓の方や観光客にお披露目されます。

画像


画像


山車行列は山車揃いが終わったあと、本川越駅方面へ向けて順番に巡行していきます。 巡行途中には重要伝統的建造物群保存地区に指定されている蔵造りの町並みを巡行していきます。 この地区は電線を地中に埋めているため上空に遮る物がなく、各山車は自慢の人形を高々と掲げて巡行していくので迫力があります。

画像


画像


宵山の山車揃いは、札の辻交差点から本川越駅まで山車が並べられ、山車に備え付けられている提灯には明かりが灯されます。 提灯の灯りに照らされた踊り手や飾り置きされた山車はとても情緒があり、昼間の市役所前の山車揃いとはまた違った雰囲気を感じさせてくれます。

画像


画像


曳っかわせは、それぞれの山車が巡行していき山車同士がすれ違ったり交差点などで出会うと、回り舞台を使ってお互いの正面を向き合いお囃子を演武します。 特に交差点での曳っかわせは2台だけではなく3台・4台が集まって行う場合があり、曳き手の掛け声や見物人の歓声などで、祭りは最高の盛り上がりをみせます。 昼間も曳っかわせは行いますが夜に行われる曳っかわせは、曳き手が持つ明かりが灯った提灯が乱舞するので、迫力があります。

画像


画像


川越には全部で29台の山車があり、国や県の指定文化財になっているものも多くあり、毎年その中から10数台参加します。 市制○十周年のときは全ての山車が参加します。
川越まつりは、豪華絢爛な山車が練り歩く様子や、曳っかわせ、にぎやかなお囃子、そして華やかな神幸祭と見所がいっぱいのお祭りです。
年々観光客や屋台(出店)も増加傾向にあり、川越市で用意した駐車場もすぐ満車になるので、公共交通機関を利用したほうがオススメです。

画像


画像


詳しい内容はこちらです。
2010年より市役所前の山車揃いと山車行列が無くなりました。(2010年10月追記)
市役所前の山車揃い
山車行列
宵山の山車揃い
曳っかわせ

2011年のお祭りの様子です
2010年のお祭りの様子です
2009年のお祭りの様子です
2008年のお祭りの様子です
2007年のお祭りの様子です

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越まつり 2008

2008/10/23 10:30
2008年の川越まつりは、神幸祭が始まってちょうど360年目になります。 今年も各町内から15台の豪華絢爛な山車が市内を練り歩き、川越まつりは盛大に行われました。

画像


川越まつりの開催中の2日間は天気にも恵まれ秋晴れの青空の下、山車揃いや曳っかわせなど楽しめました。

画像


画像


以前までの川越まつりは10月14日・15日に行われていましたが、近年のお祭は10月の第3土・日曜日に行われているため、年々観光客や出店も増加しています。

画像


山車の周りには常に人だかりができている状態で、山車がすれ違うときは出店が道幅を狭めていることもあり、なかなか移動ができない状態になります。

画像


その中でも山車同士がすれ違うときに、お互いの山車を向き合いお囃子を打ち合う夜の「曳っかわせ」は、人混みが激しく満員電車に乗っているような状態でした。

画像


そのような状況下で観光客の方はこの曳っかわせをカメラに収めようと、携帯電話や一眼レフカメラなどを山車に向けて必死に撮っていました。

画像


自分もその一人で、少しでも列の後ろに行ってしまうと人の頭が写ってしまうので、ほとんどノーファインダーで撮っていました。

画像


でも、この人混みも川越まつりならではなので、楽しんでお祭を堪能してきました。

画像


各お祭の詳細はこちらです。

市役所前の山車揃い
山車行列
宵山の山車揃い
曳っかわせ

2007年の川越まつり

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越まつりの曳っかわせ 2008

2008/10/22 21:42
川越まつり最大の見所といわれている『曳っかわせ』です。 曳っかわせは、出会った山車同士が回り舞台を使ってお互いの正面を向き合い、お囃子を演舞します。 そこに提灯を持った曳き方衆が間に入り、踊り手や囃子か方への声援が入り、見物客からも歓声が沸きます。

画像


画像


また夜に行われる曳っかわせは昼間とは違い、いくつもの提灯を掲げた山車と、曳き方衆が掲げる明かりが灯った提灯が乱舞する光景は圧倒的な迫力があり、川越まつりは最高潮に達し熱気に包まれます。

画像


この曳っかわせは、道路を巡行している山車同士のすれ違いなら2台で行いますが、交差点などでは3台、ときには4台が集まって行う場合もあり、川越まつりで一番盛り上がります。

画像


『曳っかわせ』観賞のオススメポイントは本川越駅前、連雀町交差点、仲町交差点などの大きい交差点です。

画像


画像


2007年の曳っかわせ

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


川越まつりの宵山 2008

2008/10/21 22:36
『宵山』は夜に行われるので、各山車の提灯に明かりが灯り昼間とは違った川越まつりを見ることが出来ます。

画像


宵山は札の札の辻交差点から本川越駅前までの間で行われ、15台の山車が勢揃いし山車の飾り置きや、囃子の演武を見ることができます。

画像


画像


その山車の上でお囃子の軽快なリズムにのって、ヒョットコやおかめ、そして狐が、提灯の明かりに照らされて華麗に舞い踊ります。

『ヒョットコ』

画像

『おかめ』

画像

『狐』

画像


この『宵山』は、2日間のうち初日の土曜日に1日だけ行われ、この後川越まつりのクライマックス『曳っかわせ』が始まります。

画像


ほかにもいろいろと踊っていました。

画像


画像


曳っかわせ

2007年の宵山

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
川越まつりの山車行列 2008
川越まつりの山車行列 2008 川越まつりの『山車行列』は川越市役所前での『山車揃い』が終わった後、順番に市役所前から札の辻交差点を経由して本川越方面に向かって巡行していきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/20 22:55
川越まつりの山車揃い(川越市役所前) 2008
川越まつりの山車揃い(川越市役所前) 2008 『山車揃い』は川越まつりでの昼間の見所の一つで、各町内から豪華絢爛な山車が川越市役所前の会場に集結して横一列に整列します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/19 22:51
川越氷川神社の神幸祭 2008
川越氷川神社の神幸祭 2008 川越氷川神社の神幸祭(じんこうさい)は、慶安元年(1648年)に当時の川越城主の松平伊豆守信綱が、江戸の天下祭に倣って、お神輿や獅子頭、太鼓などの祭具を寄進し祭礼を奨励、慶安4年(1651年)に氷川神社の神輿行列が氏子の町々を渡御したのが始まりと言われています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/19 01:44
川越まつり 2007
川越まつり 2007 2007年の川越まつりが先週行われました。 川越に住んでいるので、毎年川越まつりに行くのですが、観光客の方達や出店が多くなり、年々川越まつりが盛り上げっているように思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/27 19:23
川越まつり 曳っかわせ
川越まつり 曳っかわせ 川越まつりが最高に盛り上がる『曳っかわせ』です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/25 23:25
川越まつり 宵山の山車揃い
川越まつり 宵山の山車揃い 川越まつりで賑わいを見せている川越の空に、月がうっすらと現れると『宵山の山車揃い』が始まります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/24 22:00
川越まつり 川越市役所前(2日目)
川越まつり 川越市役所前(2日目) 川越まつり2日目も、大勢の観光客で市役所前は賑わっていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/23 23:48
川越まつり 川越市役所前(1日目)
川越まつり 川越市役所前(1日目) 川越まつりが開催されている、10月20・21日の午後2時〜2時50分頃まで、山車が両日に分かれて川越市役所前に揃います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/22 22:52
川越まつり 山車の社参
川越まつり 山車の社参 川越氷川神社のお神輿を連ねて川越市内を御幸される神幸祭には、御幸途中順次、川越まつりを代表する山車が行列の後に加わります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/21 09:49
川越氷川神社 神幸祭
川越氷川神社 神幸祭 川越氷川神社の神幸祭です。 前日に降っていた雨もやみ、抜けるように澄み切った青空の今日(10/20)、神幸祭が執り行われました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/21 00:47
川越氷川神社 例大祭
川越氷川神社 例大祭 川越氷川神社の例大祭は一年に一度斎行されます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/14 18:52
川越まつり会館
川越まつり会館 川越一番街の通りにある川越まつり会館です。 川越まつり会館は平成15年9月28日に開館しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/12 22:19

トップへ | みんなの「川越まつり」ブログ

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

川越 観光ブログ 川越まつりのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる