アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「成田山 川越別院」のブログ記事

みんなの「成田山 川越別院」ブログ


火渡り祭り2011

2011/11/23 19:58
無病息災を願って護摩供養の残り火の上を素足で渡り歩く、火渡り祭りが成田山川越別院で行われました。

画像


町内を一周した山伏たちが、法螺貝を吹きながら結界の中に入ってきました。 護摩壇を中心に右回りに囲むようにして歩いていき、今年の火渡り祭りの神事が始まりました。

画像


画像


斧之儀・法剱之儀・祭文之儀・宝弓之儀・閼伽之儀が厳かに行われて道場を清めた後、最後に点火之儀で護摩壇に点火し柴燈護摩供を奉修します。

画像


画像


画像


画像


画像


祭壇に備えられた炎から松明で採火し、両脇から護摩壇に点火します。

画像


画像


画像


点火後は白い煙が辺りにたちこめ、そのすぐ後にものすごい勢いで炎が燃え上がり、辺り一面が熱気と煙で包み込みます。

画像


画像


火渡り祭りが行われたこの日は天気に恵まれ風も無風に近かったので、炎と煙は熱風を伴って高々と上空に燃え上がっていきました。

画像


画像


画像


長く切った竹を使って地ならしをして道を作り、火渡りの準備を整えます。

画像


火勢が落ち着いたあと塩を撒いて清めると、いよいよ火渡りの始まりです。

画像


炎から噴き出た煙が火渡り祭りの参加者や見学者を包み込むなか、まだ残り火で燻っている火床の上を山伏達が次々と素足で渡り始めました。

画像


画像


画像


山伏達が渡り終えると信者や一般の参拝者の人たちもこれに続いて渡り始めます。

画像


歯を食いしばる人、足を浮かばせるように走っていく人、平静さを装う人など、子供からお年寄りまでそれぞれの願いを祈願しながら渡っていきました。

画像


画像


護摩壇に点火してから火渡り祭りが行われている間、上空に舞い上がった無数の灰が頭や服に飛んでくるので、終始見学しているだけでも帰る頃にはすっかり煙くさくなっていました。 

画像


火渡り祭り2010
2010年に成田山川越別院で行われた、火渡り祭りの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


成田山川越別院の節分会

2011/02/04 21:31
成田山川越別院で、2月3日の節分の日に節分会が行われました。 成田山川越別院の豆まきは、13時と15時の2回に分けて行われるので、喜多院で13時開始の豆まきを見たあと成田山に移動して、15時から始まる豆まきの時に見学しました。

画像


本堂からの読経が止み暫くすると、手に大きい枡を持った裃姿の年男や、福女が特設舞台に登場してきました。

画像


待ちに待った豆まきの始まりです。 「福は内!」の掛け声と共に、用意された豆を参詣者に撒き始めました。

画像


画像


画像


成田山川越別院の豆まきには豆以外にお菓子なども撒かれ、その中には景品が貰えるアタリがあるため、参加者も気合が入ります。

画像


春を感じさせる暖かい陽気のなか、境内を埋め尽くした人々は次々と福を掴み取っていました。

画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


火渡り祭り2010

2010/11/23 18:25
成田山川越別院で、山伏や参拝者が燃え残った火床を素足で渡り歩く、火渡り祭りが行われました。

画像


成田山川越別院の火渡り祭りは川越の冬の訪れを告げる風物詩で、結界の周りを取り囲むように幾重にも重なった見物客が見守るなか、参詣の方たちが無病息災を祈願し火床を渡っていきます。

画像


画像


境内に組み上げられた護摩壇に左右から2本のたいまつで点火し、護摩壇を大きく燃え上がらせます。

画像


画像


桧葉で覆われた護摩壇に火を入れてると、わずか数秒で煙と紅蓮の炎が噴き出しました。 燃えている最中に風向きがくるくると変わるので、煙がいろいろなところへ流されていきました。

画像


画像


画像


火の勢いがあるなか山伏が汗だくになりながら、参拝者に託された護摩木を、燃え盛る炎に次々と投げ入れていきます。

画像


画像


火勢が弱まってきたところで火床を整え、山伏が素足で次々と渡っていきます。

画像


画像


画像


山伏が渡り終えると、今まで並んでいた子どもからお年寄りまでの参拝者が次々と素足になり、まだ所々で立ち上る煙と炎のなか、熱さに耐えながら渡って行きました。

画像


画像


昨日から当日の昼前までに降っていた雨のせいか、火渡りの道がぬかるんでいて渡りづらそうでした。

画像


例年通り私は火渡り祭りには参加しませんでしたが、今年は風が強かったので、護摩壇から噴き出した煙に焙られ、頭から足元まで焚き火をしたような匂いになりました。 少しは御利益があるかなと思いながら帰途に着き、今年の火渡り祭りを見納めました。

画像


火渡り祭り2009
2009年に成田山川越別院で行われた、火渡り祭りの様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


火渡り祭2009

2009/11/23 22:13
成田山川越別院の境内で、毎年恒例の火渡り祭が行われました。 火渡り祭は川越の秋の風物詩の一つで、今回で15回目を数えます。 

画像


成田山川越別院の境内に到着すると、既に注連縄で周囲に結界が張られ、薪で組み上げられた道場が桧葉で覆われており、午後1時からの火渡り祭に向けて準備万端でした。

画像


火渡り祭の開始時間の午後1時頃、山伏が法螺貝を吹きながら町内を練り歩き、成田山川越別院の山門をくぐり道場に入ってきました。

画像


画像


ここから古式作法に則り、斧之儀・法剱之儀・祭文之儀・宝弓之儀・閼伽之儀が厳かに行われて道場を清めた後、最後に点火之儀で護摩壇に点火し柴燈護摩供を奉修します。 まず、斧を持った先達が祭壇を背に護摩壇の正面に向かって立ち、斧を振り下ろし護摩壇の薪が清められます。

画像


次に刀を携えた先達が護摩壇に向かって、あらゆる煩悩を断ち切るため気合とともに縦や横に刀を斬り、祭文先達が本尊に道場への降臨を乞い、祈願の旨を奉読していきます。

画像


画像


そして宝弓之儀は宝弓を持った先達が東西南北の四隅に立ち、護摩壇に向けて矢を放っていきます。 最後に正面に行きもう一度矢を放ちます。

画像


画像


閼伽之儀で清らかな水を護摩壇に注いだあと、いよいよ点火をします。 山伏姿の修験者2人が、護摩壇の両脇から点火していきます。

画像


画像


毎年周りを囲んでいる見物客を襲う白く立ち上る煙は、この日は風がそれほど強くはなかったので、上空に昇っていきました。

画像


この点火した直後は炎が勢いよく噴出します。 周囲の温度もぐんぐん上昇するため、いつも2,3歩後ずさりしてしまいます。

画像


山伏が唱える読経と太鼓が境内に響くなか、真っ赤な炎が立ち始めると、護摩札を次々と護摩壇に投げ込んでいきます。

画像


画像


全ての護摩札を投げ入れ炎の勢いがある程度弱まると、火渡りのために道をならし最後に塩を投げて清めます。

画像


画像


いよいよ火渡りです。 護摩木の残り火の上を、次々と山伏や一般の参加者が列を作って素足で踏みしめ、無病息災、家内安全を祈願していきます。

画像


画像


画像


小さなお子さんや、外国の方も火渡り祭りに参加していました。

画像


画像


晩秋という肌寒い季節ですが、この火渡り祭の時はとても熱いので、いつも汗だくになってしまいます。 見ていた自分にも、『不動明王の智慧の炎をもって、心の中にある煩悩を全て焼き尽くす』ことが、多少なりともできたのではないかと思います。

画像


火渡り祭2008
2008年に行われた火渡り祭の様子です。
火渡り祭2007
2007年に行われた火渡り祭の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


成田山川越別院の寒緋桜2009

2009/03/17 22:02
成田山川越別院の境内で、寒緋桜が満開に咲き誇っていました。

画像


濃いピンクの花弁なので、咲いているのが遠くからでもわかります。

画像


画像


寒緋桜は下を向いて咲くので真下から見上げてみると、青い空と寒緋桜の色鮮やかな花弁がとても綺麗でした。

画像


画像


成田山川越別院の寒緋桜2008
2008年に成田山川越別院で咲いた寒緋桜です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


成田山川越別院の梅

2009/02/28 14:24
地元では「お不動様」として親しまれている、成田山川越別院の境内で、梅が見頃を迎えていました。

画像


山門から入って右に行くと紅梅と白梅が交互に植栽されており、青空の下馥郁たる梅の香りと、暖かい陽射しがとても心地よかったです。

画像


画像


梅の開花で、ひとあし早い春の訪れを感じることができました。

画像


画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


成田山川越別院のお焚き上げ

2009/02/22 13:52
成田山川越別院で、昨年納められたお札を燃やして、成田山のご本尊である不動明王に1年間の加護を感謝する「納め札お焚き上げ」が行われました。

画像


画像


成田山川越別院で毎年暮れに行われる火渡り祭のように、周囲に結界を張りお札を浄火の炎で天高く燃やしていきます。

画像


画像


境内には納め札所があり、撮影している間もお札を持ってきた参拝客の方々が1年の無事を感謝してお祈りをし、次々とお札を納めていきます。

画像



お焚き上げの炎は、不動明王の背後で激しく燃えさかる火焔のように辺りを熱気で包み込んでいました。

画像


画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


初不動・蚤の市

2009/01/28 18:55
毎月28日は「川越のお不動様」のご縁日として成田山川越別院は多くの参拝客で賑わいます。 中でも年が明けた1月28日は、その年の最初のご縁日ということで「初不動」と呼ばれています。 

画像


そして成田山川越別院の境内では、たくさんの古着や骨董品が所狭しと並べられ、多くの人で賑わう「蚤の市」も行われています。

画像


画像


古陶器・茶道具・掛け軸・絵画・反物・着物などいろいろな物が売られているので、境内を見て回るだけでもとても楽しいです。

画像


画像


1月なのでまだまだ寒いですが、成田山川越別院の境内は蚤の市の熱気でしょうか、少し暖かく感じられました。

画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


成田山川越別院の火渡り祭(2008)

2008/11/23 18:33
今年で14回目を数える、成田山川越別院の火渡り祭です。 一般の人もこの火渡り祭りに参加でき、毎年大勢の人が火渡りを体験します。

画像


画像


山伏の格好をした僧侶たちが、法螺貝を吹きながら結界の中に入ってきました。 中央の護摩壇を囲むようにして歩いていき、火渡り祭が始まりました。

画像


画像


始めに山伏達が「斧」や「太刀」、「法弓」などを使った儀式を執り行います。

【斧】

斧先達が祭壇を背にして、渾身の力を込めて斧を打ち下ろします。

画像

【太刀】

太刀先達は斧先達とは対極の位置に移動し、太刀を抜いた後『臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前』の九つの文字を言い、邪気を払います。

画像

【祭文】

巻物に書かれた祭文を読み上げ、本尊に護摩壇への降臨を乞い祈願の旨を奉上します。

画像

【法弓】

護摩壇の四隅から矢を放ち、最後に中央に矢を放ちます。

画像


画像

【阿伽】

阿伽先達により、護摩壇の両側から阿伽が注がれます。

画像


儀式が終わると、祭壇に備えられた炎から松明で採火し、薪を積み桧葉で覆われた護摩壇に点火します。 点火後は白い煙がたちこめ、その後にものすごい勢いで炎が燃え上がり、辺り一面が熱気と煙で覆われます。

画像


画像


画像


画像


毎年のことですが、この炎が噴き出す時はものすごい熱風が襲うので、最前列で見ていると冬なのに汗をかくほど熱くなります。 その最前列よりも前にいて、阿伽をかけ続ける山伏はさぞ熱かったことでしょう。

画像


画像


炎と煙の勢いが弱まったのを見計らって、山伏が燃え盛る護摩壇に「なで木」を投げ入れ諸願成就を祈願し、長い竹を使って地ならしをして火渡りで通る『道』を作ります。

画像


画像


そしていよいよ火渡り祭のハイライトです。 塩を撒いて清めた後、法螺貝の音を合図に山伏が次々と素足で渡ります。

画像


画像


画像


山伏が渡り終えた後、事前に申し込みを済ませた一般参加者も家内・交通・身上の安全を祈願後、素足で渡っていきました。

画像


画像


画像


画像


今年も大勢の参加者が、思い思いの祈願をしながら渡火していきました。

画像


成田山川越別院の火渡り祭り(2007)
2007年に行われた火渡り祭の様子です。

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


成田山 川越別院 鐘楼堂

2008/07/19 16:43
先日、成田山川越別院に立ち寄ったときに、普段は鍵がかけられて閉まっている鐘楼堂の下の部分が開いていたので撮ってみました。

画像


画像


画像


鐘楼堂の修理・保全をしているらしく、関係者と思われる方々が鐘楼堂の上で相談していました。

画像


いつもは、こんなかんじで閉まっています。

画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
成田山 川越別院 寒緋桜
成田山 川越別院 寒緋桜 成田山 川越別院の寒緋桜です。 成田山川越別院にある寒緋桜の木は、中院の寒緋桜と比べると大きくはないのですが、逆に言うとすぐ間近で花を観賞することができます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/26 21:18
成田山 川越別院 元旦
成田山 川越別院 元旦 成田山 川越別院の元旦の様子です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/02 22:37
成田山 川越別院
成田山 川越別院 成田山川越別院は、真言宗成田山新勝寺の別院です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/08 19:50
火渡り祭
火渡り祭 11月23日の成田山川越別院では、毎年恒例の火渡り祭があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/23 20:12
成田山川越別院 蚤の市
成田山川越別院 蚤の市 成田山川越別院では、毎月28日に境内で蚤の市が開かれます。 今日は日曜日ということもあって、多くの人で賑わっていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/28 20:00
川越 七福神 第四番 成田山(恵比須天)
川越 七福神 第四番 成田山(恵比須天) 川越・七福神第四番、成田山(恵比須天)です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/29 12:31

トップへ | みんなの「成田山 川越別院」ブログ

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

川越 観光ブログ 成田山 川越別院のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる