アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「つばさ」のブログ記事

みんなの「つばさ」ブログ


つばさ展 再開

2009/12/23 19:07
つばさのスピンオフを見てる時につばさ展に行こうと思い立ち、急遽12月5日から鏡山酒造跡地昭和蔵で再開された「つばさ展」に行ってきました。

画像


展示されているパネルや小道具には特に目新しい展示物はありませんでしたが、久しぶりに訪れたつばさ展で懐かしい気分に浸ってきました。

画像


画像


年末には総集編も放送されるので、またぶらりと来てみたいと思います。

画像


10月末に終了したつばさ展には、開催中に10万人を超える市民や観光客が訪れたそうです。 再開されたつばさ展は22年3月31日(予定)まで開催されており、入場は無料です。

画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


「つばさ」記念碑除幕式

2009/10/10 14:51
旧鏡山酒造跡地で、つばさの記念碑の除幕式が執り行われました。

画像


7月10日に『小江戸川越観光グルメ大使』に任命されたロナウ二郎こと脇知弘さんも駆けつけ、除幕式に出席しました。

画像


画像


除幕式が行われた記念碑は「つばさ」の舞台地が川越市となったことを記念して製作され、つばさ展が開催されている昭和蔵の前に設置されています。

画像


記念碑の下側にある黒くて丸いオブジェは、ドラマでお馴染みの甘玉を表しているとのことです。

画像


この除幕式の後、明日(10/11)が誕生日の脇知弘さんにサプライズイベントがあり、奥から特大バースデーケーキが登場しました。

画像


画像


観光客や関係者が見守る中、29本のローソクを一気に吹き消し、祝福の拍手に包まれながら照れくさそうにしていました。

画像


画像


いつか時が流れてこの記念碑を見たときに、そういえば「つばさ」というドラマがこの川越を舞台にして、放送されていたんだなぁと実感する時がくることでしょう。

画像


鏡山酒造跡地のオープニングイベント

川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


NHK連続テレビ小説つばさ 放送開始

2009/03/30 21:37
NHK連続テレビ小説「つばさ」の放送が、3月30日からいよいよ始まりました。

画像


NHK連続テレビ小説「つばさ」の設定では、一番街にある陶器屋「陶舗やまわ」さんの店舗が、玉木家が営んでいる和菓子屋「甘玉堂」ということになっています。

画像


この店蔵は明治26年(1893)の川越大火後に建てられました。 大きな鬼瓦に重厚で分厚い観音開き扉は、川越を代表する店蔵の一つです。

画像


画像


また魔よけの効験があるとされる鍾馗の像を、屋根の上に載せています。(写真中央のやや下側)

画像


鍾馗の像は長い髭を蓄え、中国の官人の衣装を着て右手に剣を持ち、大きな眼で何かを睨みつけている姿をしています。
【拡大】

画像


甘玉堂の瓦に佇む鍾馗に見守られNHK連続テレビ小説「つばさ」が、小江戸川越を舞台に物語がどのように展開していくか、今からとても楽しみです。

画像


こちらは昨年行われた川越まつりの時の山車行列です。 通町の山車で、山車の上に掲げられている人形が鍾馗様です。 

画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


NHKつばさ 川越ロケの撮影

2008/11/10 21:18
NHKの連続テレビ小説第80作目『つばさ』の川越ロケが先日クランクインし、川越の町並みを舞台に撮影が始まりました。

画像


この日(11月9日)もお昼前頃からつばさの撮影のための機材が次々に運び込まれ、露店の大道具なども立ち並らび、つばさのスタッフは撮影の準備で忙しそうでした。

画像


画像


画像


この日は川越を代表するお祭りの一つ「川越まつり」の設定で、時の鐘前の「鐘つき通り」には川越まつりさながらの紅白の幕が張られ、雰囲気がでていました。

画像


撮影は幸町の会所を舞台につばさのロケが始まり、つばさの父親役の中村梅雀さんや井上和香さんが熱演されていました。 その後多部未華子さんも合流し、撮影途中には本物の山車も出てきて、まさに川越まつりさながらの情景でした。 撮影は夜遅くまで行われていました。

画像


この日の撮影の放送は、4月2日・3日頃とアナウンスがありましたので、今から楽しみです。

画像


画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


NHK連続テレビ小説「つばさ」出演者決定

2008/10/16 21:50
NHK連続テレビ小説「つばさ」の配役が東京・渋谷のNHKで発表され、玉木つばさを演じる多部未華子さんの他に、主なつばさの出演者が発表されました。

玉木つばさの父親の武雄役には中村梅雀さん、母親の加乃子役に高畑淳子さん、祖母役には吉行和子さん、弟役には冨浦智嗣さんが演じます。

中でも高畑淳子さんは、「若い時に朝ドラ(のオーディション)を受けては落ちてたので出られることが幸せ」と今から張り切っている様子で、自由奔放な母親役に今から期待したいです。

またこの配役のほかにも、西城秀樹さん、小柳友さん、金田明夫さん、広岡由里子さん、吉田桂子さん、佐戸井けん太さん、三浦アキフミさん、井上和香さん、宅間孝行さん、松本明子さん、脇知弘さん、ROLLYさん、イッセー尾形さんと個性派・実力派の面々が出演することが発表され、蔵造りの町並みが残る川越を舞台にどんなドラマになるか今から期待に胸が膨らみます。

画像


画像


平成生まれの朝ドラヒロインは初めてという主演の多部未華子さんに、このベテラン俳優陣達が脇を固めて、来春から始まるつばさは、ますます見逃せなくなりました。

画像


そしてこの出演者発表のあと、川越のあちこちでつばさのロケ撮影が、本格的に行われるようになりました。 下の写真はつばさの台本(水色の本)を持った関係者の方が、事前にロケ現場を確認していました。

画像


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


NHK連続テレビ小説 つばさ ヒロイン決定

2008/07/24 23:01
今春放送予定の、NHK連続テレビ小説つばさのヒロインに、若手女優の多部未華子(タベミカコ)さんが起用されることに決定したとNHKより発表がありました。

総数1593人の応募者の中から選ばれた多部未華子さんは、東京都生まれで平成生まれの19才、平成生まれの朝ドラのヒロイン起用は初めてとのことです。

多部未華子さんは平成14年にデビューし、これまで映画やドラマで活躍し映画では「HINOKIO」、「夜のピクニック」、テレビドラマでは「山田太郎ものがたり」(TBS系)、「鹿男あをによし」(フジテレビ系)、「ヤスコとケンジ」(日本テレビ系)などに出演している若手女優です。


多部未華子さんの、つばさ出演決定時のコメントです。

「天真爛漫(らんまん)でパワフルな役柄。大変でしょうが、素敵なヒロインになれたら」 (産経新聞)

「実感ないです。驚いてます。(報道を見て)親戚から何て連絡をもらえるか楽しみ」 (スポーツ報知)

「ただただ驚いています。つばさは、天真らんまんで、パワフルな女の子。いろいろなことを吸収して、すてきなつばさになれたら」 (時事通信)

「ヒロインをやると聞いたばかりで、正直実感がない。ただただ驚いています。長い撮影になると思いますが、いろんな思いを届けていきたいと考えています」 (毎日新聞)

若手急成長株の多部未華子さん演じる玉木つばさを軸に、川越でどのような展開がされるかとても楽しみです。

以下、NHK「つばさ」放送前情報からの引用です。

ヒロイン決定!玉木つばさを演じるのは多部未華子(19歳)さんです!

平成21年度前期の連続テレビ小説「つばさ」。ヒロイン・玉木つばさ役を多部未華子さんが演じることになりました。

多部未華子さんは1989年1月25日生まれの東京都出身。「HINOKIO」「夜のピクニック」などの映画のほか、NHK「すみれの花咲く頃」、TBS「山田太郎ものがたり」、CX「鹿男あをによし」など、テレビドラマでも活躍する、今最も注目される若手女優の1人です。

放送は平成21年3月30日からを予定しています。どうぞ、ご期待ください!


■ヒロイン決定にあたって…

「ヒロイン・つばさのキーワードは、“二十歳のおかん”。」…チーフ・プロデューサー・後藤高久

つばさは十年にわたって玉木家の家事全般をこなすスーパー主婦であり、厳しい祖母が老舗の跡取りだと太鼓判を押せるような、それはそれはとてもよく出来た“おかん”なのです。でも、やっぱり“二十歳”。遅すぎる初恋に心ときめかせ、理想の自分を探して悩む、うら若き乙女でもあります。

そこで、ヒロインオーディションの際に私たちがこだわったのは、「右手にフライパンを持ち、左手でコスモスを差し出す。そんな姿がキュートに見える女の子を探せ!」という点でした。娘なのに“おかん”、前向きで後ろ向き、優柔不断で猪突猛進、今泣いたと思ったらもう笑う…。うーん、これではまるでジキルとハイドじゃないか。つばさはこんなに難しい役だったか!なかなかつばさを見つけられずに、私たちは弱気の虫に負けそうになります。

とその時、とても可憐な女の子が現れました。

その人こそ、多部未華子さん。

甘酸っぱい初恋を思い出させるその笑顔はまぶしく、落ち着き払った態度には大人の分別があり、涼やかな眼差しは慈愛に満ちていました。私は心の中で叫びました。「君こそ、二十歳のおかんだ!まだ十九歳だけど、おかんそのものだ!」

これからの1年間、私たちスタッフは多部未華子さんを“おかん”と慕いつつ、叱られないように頑張りたいと思っています。


NHK連続テレビ小説 つばさの放送が待ち遠しいですね。
(画像は川越の蔵造りの町並みです。)

蔵造りの町並み


川越 観光ブログTOPへ
記事へトラックバック / コメント


NHK連続テレビ小説 つばさ

2008/06/04 22:23
NHKの連続テレビ小説、第80作目【つばさ】の舞台が川越市になりました。 全国で唯一、朝ドラの舞台になっていなかった埼玉県です。 その埼玉県の中で川越が選ばれて、とてもうれしいです。

ここで、つばさの舞台となる川越がどんな所か、名所を簡単に紹介したいと思います。

川越には昔ながらの蔵造りの建物や、洋風建築の建物など、歴史を感じさせてくれる場所が沢山あります。 中でも川越の観光名所の一つ、喜多院には数多くの重要文化財があり、観光客で賑わっています。

『喜多院』
 
喜多院 本堂


喜多院境内


昭和の懐かしさを思い起こさせる、菓子屋横丁にはいつもお菓子の甘い香りがして、子供の頃に買った駄菓子にいつでも会えます。

『菓子屋横丁』
  
菓子屋横丁


お菓子


せんべい


また、川越の蔵造り町並みの景観や風情にマッチしたレトロバスも運行しており、小江戸気分を満喫できます。

『レトロバス』
    
レトロバス


今以上に蔵造りの町並みや、時の鐘が一段と賑うことになりそうです。

『蔵造りの町並み』
  
蔵造り


『時の鐘』
     
時の鐘


以下NHK・『つばさ』放送前情報からの引用です。

平成21年度前期の連続テレビ小説は 「つばさ」です!
舞台は埼玉県・川越市、脚本は戸田山雅司さんが担当します。
連続テレビ小説第80作目『つばさ』の舞台は、朝ドラ初登場の埼玉県。
江戸の風情が今なお残る小江戸・川越を中心に物語が展開します。
母に代わって一家の主婦をつとめる健気な娘つばさは、
朝ドラ史上初? “おばさんキャラ”がチャームポイントのヒロイン!
「娘が母」で「母が娘」のあべこべ親子が巻き起こす
ねじれた家族のほどけない絆(きずな)の物語です。

【放送予定】平成21年3月30日(月)〜平成21年9月26日(土)<全156回>

【ドラマの舞台・埼玉県川越市】

ヒロインの実家・老舗和菓子屋「甘玉堂」があるのは、埼玉県の川越市。美しい蔵造りの町並みや、100年以上も人々に時刻を告げてきた時の鐘、華やかな山車が繰り出す川越祭り、駄菓子にさつまいも、うなぎ、などなど…古き良き時代の面影がそこかしこにある、まさに小江戸と呼ぶにふわさしい趣のある町です。

さらに、川下りで有名な長瀞町(ながとろまち)とサッカーの都・さいたま市も物語の舞台となって、バラエティー豊かな埼玉県の魅力を伝えていきます。


川越のよさを活かした作品になるといいですね。 今から期待に胸が膨らみます。

『埼玉りそな銀行と丸ポスト』
   
埼玉りそな銀行と丸ポスト


上記の他にも川越には、枝垂桜で有名な『中院』、日本名城100選に選ばれた『川越城本丸御殿』(修理中)、蚤の市で賑わう『成田山川越別院』など沢山の見所や名刹があります。

川越に興味がありましたら、ぜひ散策に訪れて小江戸気分を満喫してください。

川越 観光ブログ TOPへ

NHK連続テレビ小説 つばさ ヒロイン決定
出演者決定
ロケの撮影風景
玉木家の甘玉堂
記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「つばさ」ブログ

今日の川越の様子です


埼玉の天気です

川越 観光ブログ つばさのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる