大沢家住宅

大沢家住宅は明治26年の川越大火からの焼失をまぬがれた国の重要文化財です。

画像


大沢家住宅の1階は川越の民芸品などを販売しており、2階は展示コーナーとして一般に公開されています。

この箱階段(階段箪笥)で、2階に行きます。 急な階段なので気をつけて登る必要があります。

画像


展示コーナーは佐藤章画伯が描いた、川越の蔵造りの建物や日本各地の民家の絵画が常時展示されています。

画像


平成元年から4年間にわたって大規模な修復工事が行なわれ、建築当時の姿に復元されました。

画像


当時の面影が残る蔵に入れるという、貴重な体験ができました。 川越蔵造りの一番街の通りにあります。

入館料
 大人200円(1人)
 学生、15名以上の団体150円(1人)

営業時間
 午前9時30分~午後5時30分

住宅内見学時間
 午前10時30分~午後4時

定休日
 毎週月曜日

川越 観光ブログTOPへ

この記事へのコメント