五百羅漢(喜多院)

喜多院の境内にある五百羅漢です。 日本三大羅漢の一つに数えられます。

画像


喜多院の五百羅漢は川越北田島の志誠(しじょう)の発願により、天明2年(1782)から文政8年(1825)の約50年間にわたり建立されたものです。

画像


十大弟子、十六羅漢を含め、533体のほか、中央高座の大仏に釈迦如来、脇侍の文殊・普腎の両菩薩、左右高座の阿弥陀如来、地蔵菩薩を合わせ、全部で538体が鎮座しています。

中央高座の釈迦如来です。

画像


向かって左側の阿弥陀如来です。

画像


こちらは、向かって右側の地蔵菩薩です。

画像



五百羅漢は一つ一つ喜怒哀楽に富んだ表情やしぐさを見せており、見ていて飽きません。

画像


また、深夜こっそりと羅漢さまの頭をなでると、一つだけ必ず温かいものがあり、それは亡くなった親の顔に似て
いるのだという言い伝えも残っています。

画像


川越 観光ブログTOPへ

この記事へのコメント