蓮馨寺の花まつり2009

釈迦(しゃか)の誕生を祝う仏教行事の「花まつり」が、蓮馨寺の境内で行われました。

画像


花まつりの行事に先立ち、境内で無病息災や魔よけに効くとされる甘茶が参拝客に振る舞われました。

画像


花まつりは、花園で生まれたとされる釈迦の生誕を祝う祭事で、色とりどりの花で飾られた「花御堂(はなみどう)」と呼ばれるお堂に安置されている釈迦像へ、小さなひしゃくで甘茶をかけてお祝いをします。

画像


画像


釈迦の母親が白い象が胎内に入る夢を見て、お釈迦さまを身ごもったということにちなみ、蓮馨寺の境内にも白象が登場しました。

画像


午後1時から花まつりが厳かに始まり、読経のあと天地を指差す釈迦像に甘茶を注ぎました。

画像


画像


画像


最後に蓮馨寺の住職から法話があり、参列した参拝客が熱心に聞き入っていました。

画像


画像


画像


鎧兜に身を固めた武士も花まつりに興味があるようで、見つめていました。

画像


蓮馨寺の花まつり2008
2008年に行われた蓮馨寺の花まつりの様子です。

川越 観光ブログTOPへ

この記事へのコメント