一番街の歩行者天国

札の辻交差点から仲町交差点までの一番街通りで、午前11時から午後5時までの間、歩行者天国が実施されました。

画像


NHK連続テレビ小説「つばさ」の舞台と知られる川越は、連日多くの観光客で賑わっています。 特に土・日曜日の一番街周辺は車の往来も多いので、歩行者天国になるとゆっくり散策ができます。

画像


歩行者天国になっていると普段は入れない車道に入れるので、いつもとは違った角度で蔵造りの町並みを見学したり撮影したり出来ます。

画像


画像


この歩行者天国は、8月・9月の第2・第4日曜日(8月9日・23日、9月13日・27日)に実施され、『蔵造りの町並みをゆっくり見て歩く特別イベント』として行われています。

画像


川越 観光ブログTOPへ

この記事へのコメント