針供養

曲がったり折れたりして使えなくなった縫い針を、柔らかなコンニャクに刺して供養する「針供養」が蓮馨寺で行われました。

画像


針供養ではコンニャクや豆腐など柔らかいものに針を刺していきます。 普段は固いものばかり刺しているので、この日だけは柔らかいものに刺してあげて休ませてあげようとのことです。

画像


画像


裁縫上達の祈りをこめて、古くなった針や使えなくなった針をコンニャクに刺したあと、ご焼香をし静かに手を合わせて、針への感謝とその労をねぎらっていました。

画像


画像


蓮馨寺の境内には、縫い針への感謝とお裁縫の上達を祈願する多くの女性の方達で埋め尽くされていました。

画像


川越 観光ブログTOPへ

この記事へのコメント