第7回素人ちんどんフェスティバル

川越の晩秋の風物詩、第7回素人ちんどんフェスティバルが20日に行われ、クレアモールを中心に賑やかな演奏と笑顔で包まれました。

画像


オープニングセレモニーの後、クレアパークの特設ステージでパフォーマンスをする組と、クレアモールに出て商店街を練り歩く2組に分かれて演奏していき、その後ステージ組と練り歩き組が交代します。

画像


特設ステージでのパフォーマンスは、各チームが順番にステージに上がり観客に演奏を披露していきます。 上手なチームは観客からの手拍子も入り、会場をうまく盛り上げていきます。

画像


画像


一方で商店街に出た組は、背中に広告看板をさげ、チンドン屋さん独特のリズムと威勢の良い口上を述べながら、クレアモールを練り歩いていきます。 所定のお店の前に来るとそれぞれ個性あふれるパフォーマンスを繰り広げ、道行く人々に声を掛けていきます。

画像


画像


チンドン屋さんの派手な衣装や、チンドン太鼓を中心にしたノスタルジーを感じさせる音楽が共感を呼んでいるのか、以前と比べて回を重ねるごとに見物客も増えている感じがしました。

画像


画像


若い子達の参加も増えているようで、老若男女を問わないチンドン屋の魅力を再発見しました。

画像


画像


第6回素人ちんどんフェスティバル
2009年にクレアモールで行われた、素人ちんどんフェスティバルの様子です。

川越 観光ブログTOPへ

この記事へのコメント