蓮馨寺

蓮馨寺(れんけいじ)は厄除け、安産子育て、水子供養などにご利益があるとされる浄土宗のお寺です。

画像


蓮馨寺の開基は、後北条氏の川越城主・大道寺政繁の母である蓮馨大姉(れんけい だいし)で、天文18年(1549)に創建されました。

画像


山号は孤峰山。院号は宝池院。本尊は阿弥陀如来。

画像


江戸時代には、関東の『十八檀林』の一つに列せられ、幕府公認の僧侶養成機関として、多くの学僧を育ててたことで知られています。

画像


祈願所の前にある「おびんずる様」の木像をさわると、病気やケガが治り、頭が良くなるといわれ、大人気です。

画像


連馨寺の呑龍デー
毎月8日は縁日(呑龍デー)が催されます。

1月
蓮馨寺 元旦
蓮馨寺の元旦の様子です。
節句祈願会と稚児行列
お稚児さんの行列と、節分会の様子です。

2月
針供養
縫い針への感謝と、お裁縫の上達を祈願していきます。

3月
子ども大学かわごえ第1回学園祭 ミニかわごえ
子ども達が、実社会の仕組みを体験できるイベントです。

4月
蓮馨寺の桜
蓮馨寺の桜が咲き、境内に彩を加えました。

5月
蓮馨寺 花まつり
釈迦の誕生を祝う行事が行われました。

川越 観光ブログTOPへ


"蓮馨寺" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント