テーマ:時の鐘

時の鐘 ブルーライトアップ(世界糖尿病デー)2010

世界糖尿病デーの11月14日に川越のシンボル時の鐘が、糖尿病啓発のシンボルカラーでもあるブルーのライトによって照らし出されました。 世界糖尿病デーでは、様々な合併症を引き起こす糖尿病を予防、治療、療養を喚起する目的で、世界中の国々で啓発運動が行われています。 時の鐘へのライトアップは17時からだったた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の鐘 ブルーライトアップ(世界糖尿病デー)

世界糖尿病デーの11月14日、時の鐘がブルーライトアップされました。 「世界糖尿病デー」は、国連国際会議で、2006年12月に「糖尿病の世界的脅威を認知する決議」が全会一致で可決され、インスリンを発見したフレデリック・バンティング博士(ノーベル生理学・医学賞を受賞)の誕生日にあたる、11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の鐘 雪景色

川越に雪が降りましたので、時の鐘を撮りに行ってきました。 撮影中も雪は止むことはなく、ますます激しく降り結構寒かったです。 いつもは観光客で賑わう時の鐘周辺ですが、朝からの降雪で人出が少なくとても静かでした。 観光客で賑わう川越もいいですが、雪が舞う静かな川越も、なかなかいなぁと思いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の鐘 ライトアップ

川越のシンボル、時の鐘がライトアップされていますので撮影してきました。 『一番街通り』から 『薬師神社』前から 『かねつき通り』前から 『時の鐘と三日月』 川越 観光ブログTOPへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の鐘 NO.2

川越のシンボル的な存在の時の鐘には、土・日ともなるといつも大勢の観光客の方達で賑わっています。 でも観光客の方たちは、時の鐘の前で記念撮影をした後は、別の場所に移動してしまう人が多いです。 実は時の鐘をくぐって少し歩いていくと目の病に効くといわれている薬師堂があります。 境内はあまり広くはないですが、病気快復を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の鐘

一番街通りにある蔵造りの街並みに、ひときわ高くそびえ立つ鐘撞堂が川越のシンボル時の鐘です。 今から約400年前の寛永年間(1624~1644)に、当時の川越城主酒井忠勝によって城下に建設されたといわれています。 時の鐘は三層造りの木造建築で、高さは約16m、階段が付設されていますが、今は人ではなく自動鐘撞機が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more