テーマ:川越城

富士見櫓跡の紅葉

秋深まる中、川越城の面影を今に残す富士見櫓跡で、紅葉が見ごろを迎えていました。 富士見櫓跡に鎮座する浅間神社の周りにはもみじや公孫樹があり、好天にも恵まれ鮮やかに色づいていました。 富士見櫓跡の頂上に登って改めて上を見上げると、黄色と赤の競演が素晴らしかったです。 また、浅間神社の手前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城本丸御殿の休館

川越城本丸御殿が、平成20年10月21日~平成23年3月までの予定で、保存修理のため休館します。 約2年半の間、本丸御殿の中に入れないので休館前に行ってきました。 川越城本丸御殿の保存と復元を目的とした大修理は昭和42年以来、41年ぶりに行われ雨漏りのする屋根や耐震強度を増すための工事を行うとのことです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士見櫓跡 紫陽花

川越城の富士見櫓跡に紫陽花が咲いていました。 この季節は、川越市内の名刹や遺構を散策していると紫陽花がよく目に留まります。 ここ富士見櫓跡も例外ではなく、色鮮やかな紫陽花が綺麗に咲いていました。 川越 観光ブログTOPへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城 本丸御殿 紅八重枝垂桜

川越城本丸御殿にある紅八重枝垂桜です。 本丸御殿前のソメイヨシノは散り始めてしまいましたが、紅八重枝垂桜は開花が遅かったこともあり、今がちょうど 見頃でした。 ソメイヨシノよりも花びらは薄桃色で、可愛らしいです。 風に吹かれてゆらゆらと優雅に揺れていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城 本丸御殿 桜

川越城本丸御殿の桜です。 大阪城や姫路城と比べて川越城は派手さはありませんが、やはりお城と桜はよく合うと思います。 川越 観光ブログTOPへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城本丸御殿 雪景色

川越市内に本格的な雪が降っていたので、川越城本丸御殿に雪景色を撮影しに行ってきました。 朝から雪が降っていたので、本丸御殿の屋根や草木の上にはすでに雪が積もっていました。 人もまばらで、いつもの賑わいは無かったのですが雪景色はこの季節しか撮れないので、寒さも苦にはなりませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士見櫓跡

川越城 本丸御殿から少し離れたところに富士見櫓跡はあります。 天守閣の無かった川越城にかわり、城内で一番高い富士見櫓が天守閣の代わりになっていたようです。 山頂には御嶽神社が祀られています。 周りに木々があるため、景色はあまり遠くまで見渡せませんでした。 天気が良いときは、日の光も入ってきますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城主行列

川越城築城550年を記念して、一番街通りの仲町交差点から川越城本丸御殿にかけて、歴代の川越城主に扮した30名の城主行列が行われました。 川越市長も上杉持朝役として城主行列に参加していました。 川越城主行列の先陣には、川越藩火縄銃鉄砲隊、川越藩行列保存会の方達による鉄砲隊です。 鉄砲隊の演舞は迫力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城 本丸御殿

川越城は、長禄元年(1457年)に足利氏の勢力に対抗する目的で、上杉持朝が家老の太田道真・道灌父子に命じ築城させました。 明治維新後は宅地開発によってしだいに解体され、現存する川越城本丸御殿は、寛永元年(1848年)に当時の藩主松平斉典が造営したものとなっています。 現在は玄関・広間部分と家老詰所を残すのみです。 川越城には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越城

川越城です。 川越城は永禄元年(1457年)足利氏の勢力に対抗するために、上杉持朝が家臣の太田道真太田道灌親子に命じて築城させました。 別名、河越城・初雁城・霧隠城ともいいます。 本丸御殿の一部が現存しています。 今年(2007年)は築城550年目になります。 川越城は、日本三大夜戦の一つ河越夜戦の舞台になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more