テーマ:川越

中院の新緑2012

つい先ほどまで桜の花見客で賑わっていた中院の境内も、今は鮮やかな新緑に包まれ静かな落ち着いた景色に衣替えをしていました。 釈迦堂前のピンクのつつじも、新緑に映えてとても綺麗です。 この季節の中院の境内は新緑と朝陽が心地よく、市内の喧騒を忘れさせてくれるほど、ゆっくりとした時間が流れていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原のささら獅子舞2012

石原のささら獅子舞を見に、まだ桜が咲いている本応寺に行ってきました。  本応寺の境内を舞台に、3頭の獅子達が笛の音に合わせて勇壮で力強く舞い、多くの見物人で賑わいました。 石原のささら獅子舞(県指定無形民俗文化財)は、江戸時代より悪魔除け・ 安産・子育てなどを願って舞われてきました。 どの地域でも昔より伝わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雀の森氷川神社の桜2012

すっきりと晴れ渡った青空の下、雀の森氷川神社の桜が満開に咲き誇っていました。(4/8撮影) 今年は春先の冷え込みで開花が遅れましたが、今月に入り気温も上がり一気に咲きだしたようです。 雀の森氷川神社の境内は鮮やかな淡いピンク色で彩られ、参拝者や通勤、通学をする人たちの目を楽しませていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜多院の桜2012

喜多院の境内は、満開の桜ですっかり春の装いとなっています。(4/8撮影) 喜多院に植樹されている桜の花が、空を覆うように一斉に咲き出し、花見客や観光客の方々が、桜の花でできた淡いピンクの屋根の下を、宴会や散策を楽しんでいました。 喜多院の境内は春を満喫しようと、待ちわびた桜を愛でる人たちで賑わっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常楽寺のしだれ桜2012

川越市中心部から少し離れたところにある常楽寺で、しだれ桜が満開になり見ごろを迎えています。 常楽寺は河越館跡の一角にあり、河越氏の持仏堂から発展したものといわれ、河越重頼、京姫(郷御前)、源義経の供養塔があります。 その供養塔の近くには綺麗な花を咲かせるしだれ桜があり、春先になると常楽寺の境内を春色に彩ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮馨寺の桜2012

川越市内では先日からしだれ桜が満開を迎え、そのすぐ後を追うようにソメイヨシノも順次開花し、各地で見ごろを迎えています。 長引く寒さで開花が遅れていた蓮馨寺の桜も、びっしりと咲き誇っていました。 さながら天蓋のように青空を覆い尽くすような桜風景は、とても見応えがありました。 川越はソメイヨシノなどの桜が満開とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越女子高等学校前の桜並木

地元で川女という呼び名で親しまれている、川越女子高等学校前の桜が満開になり見ごろを迎えています。 川越女子高校正門前の桜並木は、両脇の桜の木から薄いピンク色の花をつけた枝を大きく伸ばし、上空を桜色に染め上げていました。 並木道に出現した桜のトンネルを見上げ、遅かった春の到来をようやく実感することができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老袋の万作2012

老袋の万作(県指定・無形民俗文化財)が、下老袋にある氷川神社の境内で行われました。 老袋の万作は、地元民自演の踊りや芝居で豊作を祝う芸能で、奉納神楽の三番叟を皮切りに、万作踊り、段物などが演じられていきます。 境内の桜は満開ではなく6分咲きほどでしたが、この日は暖かく穏やかな一日で、舞台で繰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明見院のしだれ桜2012

川越景観百選にも選ばれている、今福にある明見院のしだれ桜が、見ごろを迎えています。 明見院のしだれ桜は同じ川越市の小仙波にある、中院の幼苗を植樹したものだそうで、樹齢は200年以上とのことです。 毎年春先に200年以上もの長い間、四方に伸ばした枝に可憐な花を咲かせてきた明見院のしだれ桜。 本堂前に佇む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中院のしだれ桜2012

中院のしだれ桜が見ごろを迎えていました。 ピンクの花を沢山咲かせた枝を、大きく広げてしだれる姿は迫力と優美さを兼ね備え、見応えがあります。 青空の下しだれ桜は、春の暖かい陽光を浴び光り輝くように咲いています。 すっかり春色に染め上げられた中院の境内は、春の訪れを楽しむ花見客で賑わっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜多院のしだれ桜2012

喜多院のしだれ桜が見ごろを迎え、花見客や観光客で賑わっていました。 喜多院拝観の入口となっている庫裏前にある満開のしだれ桜は、遠くからでも人の目を引きくほど存在感があります。 あふれんばかりに枝をのばし、まるで滝が流れ落ちるかのように咲かせる姿は圧巻でした。 薄桃色の花で飾られた枝が春風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中院の江戸彼岸桜2012

桜の中でも早咲きの中院にある江戸彼岸桜が満開となり、見ごろを迎えていました。 今年は冬の厳しい寒さが続いたため開花が遅れていましたが、3月末に少しずつ咲き始めたあと、一気に開花が進んだようです。 青空をバックに咲き誇るピンクの可憐な花が、訪れる人の目を楽しませています。 本格的な春の訪れを告げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田のささら獅子舞2012

川越に春を告げる石田のささら獅子舞が、藤宮神社で行われました。 鳥居の前で獅子達が行列を組み、これから獅子が舞う庭へ入っていきます。 石田の獅子舞の獅子は大獅子・小獅子・女獅子の三頭と、軍配と御幣を持ったハイオイ、ささらを鳴らす四人の花笠、笛方と、歌うたいが数名で行われます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新河岸川桜まつり2012

川越氷川神社北側を流れる新河岸川で、新河岸川桜まつりが開催されましたが、桜はまだ開花していないため、「桜を愛でながらお祭りを楽しむ」ということはできませんでした。 それでも新河岸川にせり出した特設ステージ上では、各町内による歌や踊りの芸能が午前と午後の2部に分かれて披露され、お祭りを見に来た人たちは、唄に合わせて手拍子をす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中院の馬酔木2012

中院の境内で馬酔木が咲きだし、ようやく春の兆しを感じるようになってきました。 馬酔木はピンク色の花を多数つけ、花序は垂れ下がり下向きに咲きます。 スズランのような、小さな釣鐘状の花がびっしりと咲いています。 中院の境内も馬酔木をはじめ、梅や寒緋桜など、少しずつ春の花が咲き出してきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中院の寒緋桜2012

中院の釈迦堂脇にある寒緋桜が、少しずつ咲き出していました。 濃いピンク色の花が下向きに咲く特徴のある寒緋桜は、桜の中でも早咲きの桜として知られています。 今日のような暖かい陽気な日が続くと、一気に花開きそうな感じです。 まだほころび始めたばかりでほとんどが蕾ですが、今にも咲き出しそうな蕾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常楽寺の梅2012

入間川の西岸に位置する常楽寺で、梅が見ごろを迎えています。 気温の低い日が続いたことが影響しているのか、3月に入ってもなかなか開花せずやきもきして待っていましたが、ここ最近の気温の上昇で一気に開花が進んだようです。 小さくて黄色い三叉の花も、咲き出していました。 長かった冬を乗り越えた春の花が次々と開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三芳野神社の梅2012

三芳野神社で梅の花が例年より1ヶ月遅れの見ごろを迎えていました。 春分の日の今日は天気もよく、梅の甘い香りに引き寄せられて、ポカポカ陽気のなか暫くたたずんでいました。 蕾もまだありましたので、まだまだこの先しばらくは楽しめそうです。 三芳野神社の梅2011 2011年に三芳野神社で咲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中院の梅2012

まだ寒さも残る中院の境内では、開花が遅れていた紅白の梅の花がほころび、甘い香りを漂わせています。 梅が咲いている中院の境内でも、少しずつ春の気配が感じられるようになってきました。 今年は例年よりも冷え込みが厳しい日が続いていましたが、紅、白、ピンクなど季節感あふれる梅の花が咲き出すと、もう間もなく訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅原神社(南大塚)の梅2012

南大塚の菅原神社拝殿前にある梅の木が、見ごろを迎えています。 今年は立春を過ぎても厳しい冷え込みで開花が送れていましたが、例年より1ヶ月程遅れてようやく見ごろを迎え始めました。 この日は低温が続いた今までの天気と比べると、梅の花見にはちょうど良い暖かい陽気でした。 梅の花はこの日を待っていたかのように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老袋の弓取式2012

老袋の弓取式が下老袋の氷川神社で行われました。 老袋の弓取式は、矢が当たった場所でその年の天候を占い、豊年を祈願する神事です。 一列に並んだ5人の「ユミトリ」が、白と黒でできた直径約90cmの的にめがけて3本ずつ3回(春・夏・秋)矢を射り、それぞれの季節の天候を占います。 的の白い部分と黒い部分に当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然寺の蝋梅2012

16号沿いにある天然寺近くの畑で、蝋梅が綺麗な花を咲かせ見ごろを迎えています。 ろう細工のような艶やかな黄色い花を枝いっぱいに咲かせ、芳しい香りを辺りに漂わせていました。 蝋梅の花びらは、ろう細工のような半透明で光沢があり、朝日を浴びて白く輝いていました。 寒さが厳しい日が続いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節句祈願会と稚児行列2012

蓮馨寺の本堂で行われる豆まきと、かわいいお稚児さんが練り歩く稚児行列が行われましたので、見に行ってきました。 稚児行列の主役でもあるお稚児さんは、きれいにお化粧を施し、色鮮やかな平安装束に身を包んでいました。 男の子は烏帽子、女の子は天冠を頭に載せています。 蓮馨寺の稚児行列は、雅楽隊を先頭にお坊さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筒粥の神事2012

今年の天候や農作物の豊凶を占う筒粥の神事が、石田の藤宮神社で行われました。 筒粥の神事は早朝の6時に始まるので、着いたときは辺りはまだ暗く、暖をとる焚き火の明かりが、藤宮神社の鳥居と狛犬を照らし出していました。 筒粥の神事とは、炊きあげた小豆粥の中に18本の細長い竹筒を束ねたものを入れ、竹筒の中に詰まった粥の入り具合(米粒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙善寺のソシンロウバイ2012

妙善寺の境内でソシンロウバイが咲き出し、冬の境内に彩りをそえています。 蝋梅という名の通り、花びらは鮮やかな黄色で、蝋細工のように光沢があります。 冬枯れの景色の中、小さな蝋梅は花びらを大きく広げるように咲き、ほのかな甘い香りを周囲に漂わせていました。 妙善寺の蝋梅2010 2010年に妙善寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越消防出初式2012

全国各地で新春の催しが行われている中、川越では市役所前の駐車場で川越消防出初式が開かれ、日ごろの訓練の成果を披露しました。 消防出初式の冒頭、昨年の東日本大震災で犠牲になった方々や、殉職した消防団員に黙とうが捧げられました。 30分ほどの式辞のあと見学者が見守る中、はしご車で吊るされたクス玉が割られ、消防出初式の式典が幕開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越八幡宮の梯子乗り2012

川越八幡神社で、梯子乗りの奉納がありましたので見に行ってきました。 八幡神社の境内に数人がかりで梯子を据えた後、高さ約6メートルのはしごの頂上で決める「一本遠見」や、片足をわっぱで固定して技を繰り出す「逆さ大の字」など高度な技を披露していきました。 他にもはしごの先端で亀のように腹ばいや仰向けになった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越氷川神社の福銭撒き2012

川越氷川神社で1日から3日までの間の数回、新春恒例の福銭撒きが行われました。 福銭撒きは、境内の舞殿から投げられた福銭を見事キャッチすると、一年間福に恵まれるといわれています。 福銭撒きが始まる30分ぐらい前から、舞殿前は福銭を求めて多くの参詣者が集まりだしていました。 待っている間は寒かったですが、福銭撒きの前には神楽奉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜多院のだるま市2012

お正月恒例のだるま市が3日、川越の喜多院で開かれ、商売繁盛・家内安全を願う家族連れで賑っていました。 午後2時ごろに喜多院に着いたときには、本堂に参拝する方々の長蛇の列と、縁起だるまを買い求める参詣者で、身動きが取れないぐらいに混雑していました。 子供達にはカラフルな小さい風水だるまが人気のようで、せがまれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『小江戸川越』に咲いた花

5月 中院の新緑 4月 雀の森氷川神社の桜 喜多院の桜 常楽寺のしだれ桜 蓮馨寺の桜 川越女子高等学校前の桜並木 明見院のしだれ桜 中院のしだれ桜 喜多院のしだれ桜 中院の江戸彼岸桜 3月 中院の馬酔木 中院の寒緋桜 常楽寺の梅 三芳野神社の梅 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more