テーマ:成田山 川越別院

火渡り祭り2011

無病息災を願って護摩供養の残り火の上を素足で渡り歩く、火渡り祭りが成田山川越別院で行われました。 町内を一周した山伏たちが、法螺貝を吹きながら結界の中に入ってきました。 護摩壇を中心に右回りに囲むようにして歩いていき、今年の火渡り祭りの神事が始まりました。 斧之儀・法剱之儀・祭文之儀・宝弓之儀・閼伽之…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山川越別院の節分会

成田山川越別院で、2月3日の節分の日に節分会が行われました。 成田山川越別院の豆まきは、13時と15時の2回に分けて行われるので、喜多院で13時開始の豆まきを見たあと成田山に移動して、15時から始まる豆まきの時に見学しました。 本堂からの読経が止み暫くすると、手に大きい枡を持った裃姿の年男や、福女が特設舞台に登場してきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火渡り祭り2010

成田山川越別院で、山伏や参拝者が燃え残った火床を素足で渡り歩く、火渡り祭りが行われました。 成田山川越別院の火渡り祭りは川越の冬の訪れを告げる風物詩で、結界の周りを取り囲むように幾重にも重なった見物客が見守るなか、参詣の方たちが無病息災を祈願し火床を渡っていきます。 境内に組み上げられた護摩壇に左右か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火渡り祭2009

成田山川越別院の境内で、毎年恒例の火渡り祭が行われました。 火渡り祭は川越の秋の風物詩の一つで、今回で15回目を数えます。  成田山川越別院の境内に到着すると、既に注連縄で周囲に結界が張られ、薪で組み上げられた道場が桧葉で覆われており、午後1時からの火渡り祭に向けて準備万端でした。 火渡り祭の開始時間の午後1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山川越別院の寒緋桜2009

成田山川越別院の境内で、寒緋桜が満開に咲き誇っていました。 濃いピンクの花弁なので、咲いているのが遠くからでもわかります。 寒緋桜は下を向いて咲くので真下から見上げてみると、青い空と寒緋桜の色鮮やかな花弁がとても綺麗でした。 成田山川越別院の寒緋桜2008 2008年に成田山川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山川越別院の梅

地元では「お不動様」として親しまれている、成田山川越別院の境内で、梅が見頃を迎えていました。 山門から入って右に行くと紅梅と白梅が交互に植栽されており、青空の下馥郁たる梅の香りと、暖かい陽射しがとても心地よかったです。 梅の開花で、ひとあし早い春の訪れを感じることができました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山川越別院のお焚き上げ

成田山川越別院で、昨年納められたお札を燃やして、成田山のご本尊である不動明王に1年間の加護を感謝する「納め札お焚き上げ」が行われました。 成田山川越別院で毎年暮れに行われる火渡り祭のように、周囲に結界を張りお札を浄火の炎で天高く燃やしていきます。 境内には納め札所があり、撮影している間もお札を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初不動・蚤の市

毎月28日は「川越のお不動様」のご縁日として成田山川越別院は多くの参拝客で賑わいます。 中でも年が明けた1月28日は、その年の最初のご縁日ということで「初不動」と呼ばれています。  そして成田山川越別院の境内では、たくさんの古着や骨董品が所狭しと並べられ、多くの人で賑わう「蚤の市」も行われています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山川越別院の火渡り祭(2008)

今年で14回目を数える、成田山川越別院の火渡り祭です。 一般の人もこの火渡り祭りに参加でき、毎年大勢の人が火渡りを体験します。 山伏の格好をした僧侶たちが、法螺貝を吹きながら結界の中に入ってきました。 中央の護摩壇を囲むようにして歩いていき、火渡り祭が始まりました。 始めに山伏達が「斧」や「太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山 川越別院 鐘楼堂

先日、成田山川越別院に立ち寄ったときに、普段は鍵がかけられて閉まっている鐘楼堂の下の部分が開いていたので撮ってみました。 鐘楼堂の修理・保全をしているらしく、関係者と思われる方々が鐘楼堂の上で相談していました。 いつもは、こんなかんじで閉まっています。 川越 観光ブログTOPへ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山 川越別院 寒緋桜

成田山 川越別院の寒緋桜です。 成田山川越別院にある寒緋桜の木は、中院の寒緋桜と比べると大きくはないのですが、逆に言うとすぐ間近で花を観賞することができます。 寒緋桜の木は、本堂横の祈祷殿前に植栽されていますが、ちょうど駐車場の場所なので、観賞するには車に注意が必要です。 寒緋桜独特の濃紅色の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山 川越別院 元旦

成田山 川越別院の元旦の様子です。 隣の喜多院と同様、多くの参拝客で境内は賑わっていました。 お賽銭を投げ入れたり、鈴の緒を振るにも一苦労です。 本堂内からは読経が聞こえてきます。 境内には熊手や、破魔矢・お守りなどが売っていました。 川越 観光ブログTOP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山 川越別院

成田山川越別院は、真言宗成田山新勝寺の別院です。 成田山川越別院の起源は江戸時代末に、石川照温により開創されました。 両目を失明していた石川照温は千葉県の成田山新勝寺にて断食修行に入り、徐々に視力を回復し最後には両眼が見えるようになります。 この出来事によって目の病を祈願した不動明王の力に感激し、不動明王の御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火渡り祭

11月23日の成田山川越別院では、毎年恒例の火渡り祭があります。 開始時間は午後1時からですが、時間前には既に多くの人たちで境内は賑わっていました。 結界が張られた中に山伏達が入ってくると火渡り祭の始まりです。 薪を積み、桧葉で覆った護摩壇を前に、斧・太刀・弓を使った儀式が執り行われます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山川越別院 蚤の市

成田山川越別院では、毎月28日に境内で蚤の市が開かれます。 今日は日曜日ということもあって、多くの人で賑わっていました。 最近はフリーマーケットをよく見かけますが、掘り出し物を探すならやはり昔からある蚤の市かなと思います。 壷や茶碗、アンティークなど見ているだけでも楽しめます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越 七福神 第四番 成田山(恵比須天)

川越・七福神第四番、成田山(恵比須天)です。 成田山新勝寺の川越別院です。 本尊は不動明王を安置しています。 恵比須天は福の神として知られ、五穀豊穣・商売繁盛・大漁満足の御利益があります。 恵比須天は右手には竿を持ち、左手には鯛を抱える姿でお馴染みです。 川越 七福神第四番 成田山(恵比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more